釣り

2011年12月29日



今日で今年の仕事も無事終了となりました。


先日、若洲での釣行の際、使用したラインがあまりにも調子が悪かったので、仕事場の大掃除の後、ラインを新しく巻き直しました。


TORAYの1,75号のナイロンラインです。


1,75号は銀狼のリールに巻くとぴったし150m巻けます。



DVC00045



巻くときは、まずバスロッドの元竿部分にリールをセットして、巻きたいラインをそのガイドに通し、リールからスプールを外して、スプールにラインをユニノットで結びます。


このあと手巻きで10回ほど、スプールにラインを巻きます。


そして、スプールをリールに戻しますが、この時に必ずベールを上げるのを忘れてはいけません。



DVC00046



そして、ベールを倒して左手の人差し指でラインにテンションをかけながら、後はただひたすら巻くだけです。


巻くときの体勢はイスに座って、ラインのスプールは地面に置きます。


リールを巻き始めるとラインのスプールがあっち、こっちと踊っているように動き回ります。


たまに、引っかかった感じがしてラインが止まってしまいますが、そんな時は元竿を少し振るかラインのスプールを蹴飛ばして角度を変えれば、大抵元の状態に戻り、またスムーズに巻くことが出来るでしょう。


その他の注意点としましては、ガイドの所でラインがあまり摩擦しないように、リールからガイドまでのラインと、ガイドからラインのスプールまでのライン角度が、90度以下にならないように120度から150度くらいになるようにしています(私の場合はラインを巻くときは、ガイドにメンテナンス用のオイルを少し付けておきます)



DVC00044



そして、こんな感じで巻けました。


銀狼の黒いリールに金のライン、ビジュアル的にもバッチし合ってて自分的にはかなり気に入ってます。


次回の釣行は、新年明けて4日に館山方面!?に行く予定です。


新年一発目でクロダイは釣れるかな・・・。


楽しみですなーーー。

ちーやんtikara_yuzan at 18:45│コメント(0)トラックバック(0)

2011年12月20日



(日付) 12月18日(日)


(同行者) なし
 

(場所) 若洲海浜公園


(釣法) ウキふかせ


(道具) 竿:銀狼王牙0,6号 リール:銀狼LBD

道糸:バンファ 1,8号 ハリス:ディーフロンアルファ 1,2&1,5号 針:オキアミチヌ、底攻めチヌ 1・2号

ウキ:遠矢ウキ 400SP・3B、超遠投小・3B、釣研ツインフォース B、000


(こませ) チヌパワーV10白、チヌパワーV9遠投、ムギコーン、オキアミ3kg


(えさ) オキアミ、ハードオキアミ、


(釣行記)

11日の日曜日にこちらの釣り場を下見して、早速ですが一昨日竿を出してきました。



この日は5時半に起床して、家を6時に出発


外に出ると空はまだ完全に真っ暗で、凍えるほどの寒さだった


行き道はガラガラで、公園の駐車場には6時40分着。


ここに来てやっと空がうっすらと明るくなる。


駐車場は6時からなので、すでに20台以上は止まっていた。


ここで、車に積んできた自転車に乗り換え、道具を積んでポイントまでは10分弱で到着。


やはり、釣り場にはすでに数名の釣り人(投げ釣りやルアー釣り)がいたが、運良く、私が狙っていたポイントには誰も入っていなかった。


さて、今日は17時から忘年会が入っているため14時までの釣りだ。


早速コマセと仕掛けを準備して、まずは初めて竿を出すポイントなので水深を探ってみる(7時)


竿1本先(5m)で、水深は約4,5m、2本先で6m弱、20m先まで計ってみると約8mほどあった。


とりあえずは、竿1本先の当たりにコマセを撒いてポイントを作り魚の反応を探ってみることに。


ウキは遠矢ウキの400SP‐3Bを使用。


ウキ下は4m50cmに合わせて、狙いは底トントン。


しかし、全くといってもよいほど魚の反応はない


その後、仕掛けを打ち返していると何やらエサが少しかじられ始めた(8時)


何回かは、エサを完全に取られていた。


だが、魚が小さいのかウキには何の反応も現れない。


そうこうしている内に、魚がいなくなってしまったのか、またつけエサが残るようになってしまった(8時半)


その後は、ポイントを遠めにしたりウキ下を這わせたり、浅くしたりしても全く反応がなくなってしまった(8時半~12時)


海の様子は、時々沖の方でボラが跳ねているだけだった。


仕方がないので、少し早い昼食を取るためにカップラーメンを袋から取り出して、コンロを出して準備をしようとガサゴソ、ガサゴソ。


ここで、あることに気が付いた・  ・  ・  。




は、 は、 箸、 が無いーーーーー


がーーーん、


ということは昼飯が抜きになってしまった



コンビニで買っていれば箸は付いてくるんだが、今回は家にあったカップ麺を持ってきたから、箸を忘れてしまったのである。


仕方がないので、ラーメンは泣く泣く諦め、お湯を沸かしインスタントのコーヒーを飲んで空腹を紛らわした。


ホント、ひもじかった。


さて、休憩後は残り時間も3時間を切ってしまったので作戦変更(11時半)


中通しウキを使って、テトラの際を狙って何とか魚を一匹釣ることを目標に。
(午前中、テトラの際を木っ端メジナが泳いでいるのを何度か見たので)


しかし、どうも魚の反応は鈍い


しばらく、テトラの際を攻め続けているとウキがすーっと消しこんだ(13時半)


すかさず、合わせを入れる。


すかっ


逃げられた。


同じところに仕掛けを入れる。


またしても、ウキが消しこむ。


すかっ


2度も、空ぶってしまった


そして3度目、今度もウキがすっと消しこんだ。


今回はワンテンポ遅らして合わせを入れてみた。


ぐっ、ぐっ、ぐっ、


よし、今回は魚の反応あり


しかし手応えは、軽い


上がってきたのは、


      




DVC00070





10cmぐらいのメバルでした。
(掛かりも浅く、口の皮一枚でかかっていました)


この後は、結局また魚の反応がなくなってしまい14時で納竿。


この日は、隣りでやっていた投げ釣り師の人や、ルアーをやっている人にも全然アタリなかったようで、まわりもあんまり釣れているようには見えなかったです


さらに、今回初めて使用した420円の道糸(バン ファ)。


これが厳しかった。


釣行中、何度もラインがほつれて、そのたびに結び目ができたり、グチャグチャになったりして、最終的には癖が完全についてしまって、手で引っ張ると切れてしまうほどでした


館山じゃなくてホントよかったです


ライン巻き直します。


って、ラインや周りのせいにしてみましたが、腕もまだまだ未熟者です



(釣果)

メバル1匹(10cm)







ちーやんtikara_yuzan at 22:39│コメント(0)トラックバック(0)

2011年12月15日




DVC00037




こちらの長靴は、昨年館山に行った時大雨だったので、現地の釣具屋で現品限りのセール品(2,500円)だったので買いました。


しかし、家に帰って来てこの長靴をネットで調べたら、実は船用の長靴だったのです


がーーーーん


どうしようかと考えて見ると、確か釣具屋で長靴の替えソールが売っていたなーと思い、改造すれば付くんじゃないかと思って、替えフェルトピン付きソール(2,500円)を買って、強引に接着剤で貼り合わせました。


その後、何度か使用して少し重たい感じもしますが、ソールが剥がれたりもせずに、それ以外は問題なく使えています



DVC00036



チビが生まれ嫁さんが釣りに同行しなくなってからは、出番が減ってしまったコンパクトロッドです。


シマノのホリデイパック10-210、シマノのエアノス2,500
(この竿の10-180も持っていたんですが、去年のGWに友達に踏まれ折れちゃいました)

この竿を使うときは、中通しオモリを付け青イソメエサでヘチ際に落として根魚(メバル・アイナメ・カサゴ)を狙います。


DVC00032
DVC00033



ナス型オモリ、中通しオモリ、ブラクリ(赤いの)、ジグヘッド。


こちらも、最近は出番が少ないなー。



DVC00035



予備リール。


上:OKUMA VS30 


団子釣りのデスビナの予備リールとして、3年前に現品限りのセール品を替えスプールが付いて7,000円ぐらいで購入



右:リョウビ、左:スズミのベイト



右は投げつり用に今年の夏に購入、4000円ぐらいだった。


左のベイトリールはコンパクトロッド用で、3000円ぐらいで購入。


この他にも1,000円ぐらいのコンパクトロッドが2本あるが、ガイドが錆びていて多分もう使用不可でしょう



DVC00034



ライト、ブクブク、安ナイロンライン。



DVC00030
DVC00031



魚入れ2つ。


上は、スカリが使えないときにと思って買ったら、実はこっちの方がよく使っています。


ソフトタイプなので、使わないときは折りたため、35cm級の魚なら5匹ぐらい全然余裕で泳がせておけるので使い勝手もGOODです


下は、以前使っていたのが、ボロボロになったので引退させて今年の9月に購入。


まだ一度も使っていません


こうやって、道具類を整理していると色々な道具類が出てきます。


お金もだいぶ使ったナーーー


でも、釣具屋に行くと何かしら買っちゃうデスよねーー


節約・節約



ちーやんtikara_yuzan at 20:12│コメント(0)トラックバック(0)

2011年12月12日



土曜日は祭りの会の忘年会があり家族で参加しました。


当日は、わいわい、がやがやと楽しく飲みました。



明けて、昨日の日曜日は暖かかったので、午後からルアー竿を片手にチビの散歩を兼ねて、1年ぶりに若洲海浜公園へ行ってきました。



ここには、昔はよく釣りに来ました。
(小6~中3ぐらいまで)


かれこれ20年前、まだゴルフ場も公園も出来ていなくて15号地と呼ばれていた頃に。


自転車で台東区から2時間以上もかけて。


はい、よく釣れたんです。


それも、ハゼ釣りのような簡単な天秤仕掛けや、スナップ付きヨリモドシにナス型オモリを直結したインチキ仕掛けで40cm近くのアイナメや25cmぐらいのメバルが。


私は、35cmのアイナメが最高でしたが、友達は38cmを上げました。


メバルは夜釣りで、今は入れなくなってしまった赤灯の下で15cm~20cmのサイズがクーラーが満杯(50匹以上)という日もありました。


その他には、防波堤外側でヘチ師の人がクロダイを上げているのを何度かも見ています。


あー、そういえば去年の夏(8月末)に散歩しに来た時(この時は竿なし)は、先端でへチ釣り師が53cm&51cmのクロダイを上げていました。



さて、さて、昨日の日曜日の若洲海浜公園駐車場着は14時頃。


DVC00011



この時間でも駐車場は、8割ぐらい入っていました。



DVC00104



駐車場から海までテクテク歩き



DVC00102

BlogPaint



途中寄り道して、お手て繋いでえっこら、えっこら。



釣りに関してはというと、実は30分ぐらいで終了となってしまいました。


とりあえず、ジグヘッドにワームを付けて投げてたら2投目で根掛かり


その後、数投でまた根掛かってその時にPEラインの先に結んでいたナイロン1,5号のリーダーが切れてしまった。


リーダーのラインを持ってきていなかったので仕方がなく、PEラインに直結でバイブレーションのルアーを付けて投げていたら、今度は10投目ぐらいでルアーだけ飛んでいってしまった


はい、これでやる気ゼロ


終了です


その後は、散歩を兼ねながらクロダイポイントのチェックをしてきました。


1ヶ所いい感じの所を発見したので、近々釣行しようと思っています


公園を16時頃に出て、次は最近我が家がはまっているリサイクルSHOPへ。


やりました、掘り出し物発見しました



DVC00043

DVC00041

DVC00042



アウトドアー用ガスバーナーで、日本製で新品なのに1,790円。


メチャクチャ安い


色々とネットでこの商品の値段を見てみましたが最安値でした


嫁さんが会計している時に、ふと周りを見ていたらその横にこいつがありました。


何回かそこらへんは見ていたのに気が付かなかった


あるんですね、リサイクルSHOPにはこういうのが











ちーやんtikara_yuzan at 23:23│コメント(0)トラックバック(0)

2011年12月04日



今日は、午前中に私用があったため、午後からお出かけしようと嫁さんと話していたら、釣友のあべっちから電話が


「水槽の魚がだいぶ死んじゃって、寂しくなってきたから舎人公園(先週、ワニガメが捕獲された)に釣りに行って魚を増やそうと思うんだけど、一緒にどう!?」


「うちの家族も、これから出かける予定だったから大丈夫、嫁さんも今日はあったかいから、いいねって言っているよ!!」


そんなこんなで、午前中の私用を済ませ13時半頃、アベッチ宅到着。


アベッチ宅でお茶を飲んでいると、急遽、嫁さんたちは公園よりコストコへ買い物に行くほうがいいということで、公園での釣りはオヤジ2人となった。


釣りにいく前に、水槽を覗かしてもらう


どれどれ、今いるのは2年前に舎人公園で釣ったフナ(当時は7cm程だったが、12cmぐらいに成長)、夏のドジョウつかみで持ち帰った奴が4匹と金魚が1匹(病気で別離)。


クチボソも、隅田川のハゼ・ダボハゼも死んでしまったようだ。


頑張って釣らなければ


さて、アベッち宅から公園までは車で5分。


パーキングに車を止め、釣り場には14時着。


狙いは、クチボソ、タナゴ、フナ等の小魚類。


道具類は


      



DVC00040



竿は、先週釣り堀でも使ったこちら。


ただ、これだと長いので竿先と2節目を元竿から抜いて使用。


長さは150cmぐらい。



DVC00039



真ん中より左側は、釣り堀用で右側が今回使った針やウキ類です。



DVC00038



エサは、先週釣り堀で使ったグルテン。
(まだ、3,4回分残っています)


これら2つの粉エサを30ccずつと、水を60cc入れ混ぜ合わせ使用。



DVC00002



ポイントはこんな感じ。


アベッチの前回の釣行(2週間前)では、ブルーギル3匹とのことでした。


道糸1,5号(チヌ釣りで使っているラインの残り)に、自動ハリス止め付きのヨリモドシを結び0,3号のハリスつきタナゴ針を使用。


オモリは板オモリ。


さて、ウキ下を50cm程にしてつり開始。



DVC00001



30分ほど仕掛けを打ち返すが反応は無い。


いやな予感がよぎる。


場所をチョコチョコと変え、色々と探ってみる。


すると、ウキがピコピコと反応しだした。


すかさず、合わせを入れる。


すかっ、すかっ、2度とも針がかりしない。


3度目、ウキが消しこんでワンテンポ置いてから合わせを入れる。


よっしゃ、魚の手応えあり、何か乗ったな。


うーーん、でもやたら重い。


慎重にやり取りして、30秒後水面に現れたのは、


な、な、なんと1mぐらいありそうな、コイだった


タモもないし、ハリスは0,3号だから上げるのは無理だなと思っていたら、アベッチがコイを手づかみで取ろうと水に手を入れている。


そして、魚に触れようとしたその時コイが最後の抵抗。


あえなくハリス切れ。


その後、もう一度コイっぽい感触があったが、それは一発で沖に走られハリスをぷっつりとやられた。


その後も、なかなか反応がない。


そして、納竿間近の16時頃久々のピコピコアタリ


軽くあわせると、なにか掛かっている。


重くない、今度はコイではなさそうだ



DVC00069



しかーし、水面に見えたのは外道のブルーギルだった


残念、ギルは他の魚を攻撃しちゃうから水槽に入れることはできない。


池へお帰りいただいた。


その後は、全く魚の反応は無く日没前の16時半に納竿。


この日は、まわりもほとんど釣れていなくて、常連さんが釣ったフナ7cmとクチボソ5cmをもらって帰宅となりました。


(釣果)

ブルーギル1匹(7,8cm)


アベッちは残念ながら坊主でした

ちーやんtikara_yuzan at 23:49│コメント(0)トラックバック(0)