2011年04月

2011年04月19日




20110419173036



20110419173024



20110419173141

おもちゃに抱きついて


まだまだ、寝返りが出来ないうちのチビ。

寝返りをしようと、ウニウニ体をひねるが、
上半身・下半身のどちらかしかひねれず、
途中で止まってしまっています。

ただ、最近だいぶ背筋が強くなったようなので、
うつ伏せにすると、首を上げ体を反らします。



20110419174249



20110419174344

なにかしゃべっているのかな!?


また、2,3日前からくちびるを突き出して
「ブゥー、ぶぅー、ブゥー」、とよく言っています。

お風呂はまだ、傷が治らないので母ちゃんが担当です。


(6ヶ月検診)

身長:66,5cm (63,.6cm) 5ヶ月検診時

体重:8,730g (8,200g)

あいかわらず、ぷにぷに・ぷにぷにしている。







ちーやんtikara_yuzan at 22:12│コメント(0)トラックバック(0)チビ | 日記

2011年04月18日



最近の釣行では、こませを撒いてもボラが寄って来ない

何故か、ぼらを見かけないのである。

去年9月の静岡で釣って以来だから、今年(去年も)、関東ではボラを1匹も釣り上げていない。

理由としては、

① 釣り場の変更

② 団子釣り→浮きフカセ釣りへ変えたこと。

以前は、鹿島港、大原港、乙浜港、千倉港へと通っていて、
ほぼ毎回ボラが釣れていた。

最近は館山に場所を変えたからなのだろうか!?
(館山では2年前に団子釣りで1匹釣っただけである)

また、理由は分らないが浮きフカセ釣りへ、
釣法を変えてからも、ぼらとは対面していない。

今までは、「またボラかよ」と思って釣っていたが、
こんなにも釣れない(寄らない)となんだか寂しいものでもある

原因ははっきりとわからないが、
次の釣行では黒鯛とぼらをメインに狙おうと思う。

何故にボラかというと、ぼらは本当にとても美味だからである。

特にボラの洗い(3枚におろし、切り身にした物を氷水にくぐらす)は絶品だ。

クセの全くない白身で、コリコリの歯ごたえと甘み、
われわれの仲間にもファンは多い

久しぶりに食べたいなー



















ちーやんtikara_yuzan at 21:45│コメント(0)トラックバック(0)釣り | 日記

2011年04月15日


P1010566

くーたのいい写真があったのでUPします


先月の大地震以降は、
緊急地震速報にはあいかわらずビビっていますが、
それ以外は、とても元気で家の中を走りまわっています。

今日の昼も、私に甘えて体をスリスリさせておもちゃをくわえ、
遊べ遊べとほえてきます。

食事は2回(朝、夕)食べる時と1回(昼)の時とまちまちです



(チビ風呂入れ)

昨日はまた泣いた

仕事で指を切ってしまったので、今日からしばらく
風呂入れは母ちゃんにおまかせです。

母ちゃんとの風呂では一度も泣いていないとのことです




(今月)
12打数 8泣かない .666

(通算)

29打数 19泣かない .655






ちーやんtikara_yuzan at 20:17│コメント(0)トラックバック(0)クータ | 日記

2011年04月13日



最近、夕飯時に裏ごしした白米をチビにあげ始めました。

そんなに嫌がらず口に入れてモグモグしています。

今日の夕飯時、チビがじっと私を見ていました

その時の画像です。


BlogPaint



首をかしげて、じーっと・・・ イナバウアー



BlogPaint



正面から



BlogPaint



右前方から・笑っています

いい笑顔、頂きました。





(お風呂入れ)

昨日は泣かなかったが、今日はこんなにご機嫌だったのに泣いた


(今月)
11打数 8泣かない .727

(通算)

28打数 19泣かない .678






ちーやんtikara_yuzan at 21:21│コメント(0)トラックバック(0)チビ | 日記

2011年04月12日



(日付) 4月9(土)

(同行者) 釣り友・あべっち

(場所) 三崎港、三戸浜堤防

(釣法)
 ウキふかせ

(道具)竿:BBX-1.2 530si リール:デスビナP3000D

道糸:1,75号 ハリス:1,2号 針:オキアミチヌ1号

ウキ:遠矢ウキ

(こませ) チヌパワー、チヌパワー日本海、
おから団子、オキアミ3kg

(えさ) オキアミ

(釣行記)

ばあちゃんが亡くなって間もないのに、
釣りに行きたい病に負けてしまったバカチン。

木曜日の仕事が終わり、土曜日が休めそうなので、
もう一人の病人あべっちへTEL。

「急だし、多分天気も悪いけど土曜日、
乗っこみ求めて(産卵のため浅場へ回遊)釣りへ行かなーい?」

「おう、いいよ(即答)、んでどこ行く?」

「館山がいいんだけど地震怖いし、三浦の方は?」

「OK!」

こんなやりとりで急遽、釣りへ行くことに。

嫁さん達には釣りバカ扱いされ・・・
でもめげない30代、プチオヤジ2匹。


金曜日の23時に東京出発。

三崎には、0時30分頃到着。

今回のポイントは雑誌で調べた三崎港の製氷所前。

しばらく、車内でだべりながら酒を飲み、
3時ごろに仮眠

6時頃から釣り開始。

水深は7mぐらい、また流れが速そうなので、
遠矢うき超遠投0.8号をチョイス。

最初は雨は降っていなかったが、しばらくして降り始める。

さらには、風も強くなってきて、向かい風となり仕掛けがポイント(20メートル先)まで
飛ばせない。

仕方がないので10m先にこませを撒いてポイントを作る。

棚はべた底で、ガン玉を4B×2個+B1個で早く沈める作戦。

しかし、2時間くらいは魚の反応が全くない

魚の活性が低いようで、付けえさが毎回戻ってくる。

ためしに、手前に仕掛けを落とすと水深1mぐらいで、
魚が現れてえさにアタックしているのが見えた。

浮きに微妙なあたりがでて合わせを入れると ・ ・ ・  

軽ーーーーい

15cmくらいのメジナだった。

その後、同サイズのメジナとハオコゼを追釣。

となりの投げ釣り師の人は、
キスとメゴチが2匹ずつでこちらも渋い様子

手前は小さい魚しかいないようなので、
沖を狙うが仕掛けが全く飛ばない。

さらに風が強くなってきたので、風裏を探すため場所移動することに。(12時)

しばらく車を走らせ、三浦半島を鎌倉方面へ北上。

いろいろと見てまわるが、なかなかいいポイントが見つからない。

さらに車を走らせると、波の穏やかな港
(帰宅後雑誌で三戸浜堤防と知る)を発見

まず、堤防を偵察。(13時30分)

内側なら風の影響もなさそうだし、
水深もある程度あって潮通しも悪くなさそうだ。(外側はテトラ)

堤防内側の先端部に釣り座を構え、再スタート。(14時)

15メートルほど先に仕掛けを投入。

水深は5、5m程なのでウキを400SP-5Bに変更して底トントンに合わせる。

しばらくすると、ウキが一メモリ入り動かない。

あわせを入れると鈍いひき

水面に現れたのはゴンちゃんでした。

その後もゴンちゃんが入れ食いとなり少し休憩。

再開後、しばらくするとウキがすぱっと消しこむ。(16時30分)

合わせを入れると今日一番の引きだがたいして引き込まない

水面に現れたのは25cm程の海タナゴだった。

その後は海タナゴが入れ食いとなり、18時30分日没終了。

20時頃帰宅。

海タナゴを22cm~25cmを3匹を持ち帰り、煮付けに。

どの魚の腹の中にもタナゴの赤ちゃんが・・・入っていた。

タナゴも乗っこみ中だったのかな。

味はまあまあだけど、身がやわらかく骨が多かった

今回も黒鯛には出会えなかった。

あべっちと反省会を開く。

黒鯛釣り、難しいが面白い。

また、さらにのめり込む2匹のオヤジだった




(釣れた魚) メジナ(15cm)2匹、ハオコゼ1匹、フグ多数、ゴンズイ多数、
海タナゴ(15cm~25cm)多数

























ちーやんtikara_yuzan at 22:21│コメント(0)トラックバック(0)釣行記 | 釣り