2012年06月17日


④より。


胡椒餅の後は、昼食にはまだ早かったので、ドヤ街の駅地下へ。


CIMG2699

DVC00255


平日の為か、ここは閑散としていた。

とりあえず、あたりをぷらぷらしてみんなで、
足つぼマッサージを受けることに。

値段は30分で、300元(約900円)

201204taiwan (170)

201204taiwan (169)

主に目の不自由な方が、私達のコリをほぐしてくれました。

足の疲れもスッキリ。

ここまでは、大人の癒し。

チビたちには、

CIMG2712

CIMG2711

乗り物で遊ばせた。

そして、昼食へ。

ここまで、食事に悩まされてきた我々。

しかし、今度の昼食は台湾でも有名な店。
(日本にも支店があるくらい。ですが、私は、後ほど知った)

201204taiwan (182)

少し遅い時間(14時前)の昼飯だったがお店は混雑気味。

結局、30分弱待って来店。

BlogPaint

料理の写真は、撮るのを忘れてしまいましたがここは、ホント美味しかったです。

特に小龍包が。

肉汁がたくさんで、今まで食べた小龍包の中でもダントツでNO,1です。

また、種類も豊富で、烏龍・トリュフ・ヘチマなどの変り種もあります。

その他にも、チャーハン、麺類とメニューも豊富でした。

そして、昼食後はこのお店の隣りにあった本屋さんへ。

すると、ちびはいつの間にか父ちゃんの抱っこで寝てしまっていた。

さらに、私も昼食時のビールでいい感じ。

嫁さんたちは、ショッピングへ行くというが、私はホテルに戻りチビとお昼寝。

そして、嫁さんが帰ってきたのは夕方。

チビ共々、私も3時間ぐらい寝てしまった。

この後は夕食。

ホテルのスタッフの人や現地の人が、よく行く美味しいお店を教えてもらい、
いざ、出発。

店名は、「欣葉本店」。
(ここも、のちほど日本に支店があると知った)

10分ぐらい待って、地下へ案内される。

ここも、昼飯のお店と同じようにだいぶお客さんが入っていた。

BlogPaint

とりあえず、チビにはチャーハン。

CIMG2742

私達は、

CIMG2739

ちょっと贅沢に、前菜の盛り合わせ盆とあわび。

そして、メインには魚料理を選ぶ。

値段は時価と書かれていて、確認してみると2,000元(6,000円)。

ちょっと、値は張るが台湾での最後の夜ということで、いっちゃえーーーーと
勢いで頼んでしまいました。

そして、魚はこれ。

CIMG2745

たぶん、アゴのしゃくれ具合から、キントキダイ系の魚で
45cmは超えていたと思う。

BlogPaint

さすが、時価の料理。

店員の方がきちんと、お皿へ取り分けてくれる。

味はというと、これまた絶品。

味付けが薄味で、魚の旨味が充分に引き出されていました。

CIMG2755

こうなればと、その後は調子に乗り、上の鳥骨鶏(ウコッケイ)や白身魚のフライなども
頼んで最後の夜を満喫しました。

お会計は、9000元。

かなりの予算オーヴァー。

まあ、旅行ではパッと、勢いで使うときにはこうでなくちゃね。

食事の後は、またまた買い物へ。

CIMG2757

カルフールへ。

CIMG2760

チビもたっぷりの昼寝で、元気・元気。

この後は、ホテルに戻って24時就寝。

⑥へつづく。




ちーやんtikara_yuzan at 20:02│コメント(0)トラックバック(0)旅行 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字