2012年05月15日


①より


昼食を終え、1Fに降り切符売り場で目的地近くの駅までの切符を買う。

切符にある、『自強』 とは日本で言う特急列車の意味。

さらに、発車時刻を確認すると発車まではあと3分。

チビを抱っこして、駅を全速力で走る。

DVC00039

一度でも、月台(ホーム)を間違ってしまったらアウトのタイミングだった。

間一髪、なんとか電車には間に合うことができた。

約40分弱、瑞芳駅着。

DVC00036

DVC00038

DVC00037

駅を出ると、台北市内とはちょっと違う雰囲気。

CIMG2526

CIMG2524

地方都市に来た感じだ。

ここから、バスに乗って2分。

CIMG2536

CIMG2542

バスを降りて、浅草の仲見世(アーケード)見たいな場所に入っていくと、

そこは、ものすごい、

人、人、人で溢れかえっていた。

CIMG2547

CIMG2551


さらに、食べ物を売る店からのハッカクに参っていたところに、

止めの一撃は、

無警戒で、おもいっきり吸い込んでしまった

臭豆腐の匂い。

これには、一発で私はKO。

昼に食べた物が、のど元までこみ上げてきました。

チビも、「くっさい、くっさい」

といって、めずらしく半べそ。

そんなこんなで、店の立ち並ぶ場所を後にして、

『千と千尋の神隠し』のモチーフにもなっている地域へ。

CIMG2557

CIMG2583

そして、茶屋へ。

CIMG2560

中に入って、お茶をいただく。

お茶は、500元~900元。

BlogPaint

高いなと思っていたら、20グラムぐらい入っている袋が出てきて、
お店の方が、給ししてくれた。

まず香りだけを楽しみ、次は一番茶。

味は少し渋い。

続いて、二番茶。

だいぶ、飲みやすくなった。

その後も、三、四、と飲みお茶を堪能。

最終的には、4人で飲んでこの袋の半分も飲んでいないので割安だったのかな!?

CIMG2565

途中、チビはお店の方に、

「あっち行こう!!」

と、手を引かれるも固まって少し抵抗。

最終的には、ついてってしまったが。

CIMG2567

戻ってきて、雨を貰って喜んでいました。

お店の方と2人の時は、口をヘの字にまげて半べそで耐えていたとのこと。

CIMG2591

BlogPaint

背景は、今回唯一の海が映っている1枚です。

帰りは、表通り(アーケード)を避けて裏道を通りバス停へ。

駅に、向かい次は夜市へ。

③へつづく。

ちーやんtikara_yuzan at 21:48│コメント(0)トラックバック(0)旅行 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字