2012年01月15日



釣友あべっちが、12日(金)に館山へ釣りに行ってきました。

以下、電話で会話したことを本人になりきって書いてみたいと思います


この日は、高速は使用せず下道でのんびりと館山方面へ

現地着は深夜2時。

いつもの釣りポイントを目指すと、途中から消防車がちらほらと見るようになった。

ポイント近くの道が細くなる所まで行くと、たくさんの消防車が停車していて車をこれより先に進めることができない。

どうやらこの先で火事が発生した、している!?ようだ。

仕方ないので、来た道を引き返し、朝が明けるまで少し場所を変え仮眠。

日が明けて、再度ポイントへ向かうが深夜の時と同じく消防車が止まっていて(現場検証!?)ポイントには入れない。(辺りに何もない、こんな場所での火事ってどんなんだろう?)

そんなんで、場所移動。

向かった先は、車で20分ほど離れた船形港。

この日の海の様子は(館山&船形)風があって、波もうねりがあった。

釣り場には何名かの先釣者がいたが、昨年釣友がクロダイを釣り上げたポイントは、空いていたのでそこに入る。

仕掛けを準備して、コマセを撒く。

撒く。

撒く。

仕掛けを投げる。

コマセを撒く。

仕掛けを投げる。

撒く。

しばらくして、ウキに反応が出始める。

そして、釣れあがったのがこれ(8時半)

  


DVC00077

 30cm程のフグ 


このあと、同サイズを追釣。

その後は大量のエサ取りに悩まされる。

表層は、うじゃうじゃとボラ・サッパの大群。

こいつらは遠矢ウキにアタックして、コマセには反応しない。



中層はヒイラギ。

実は今回の釣行では、こいつが一番厄介だった。

ウキが浮力調整したところまで沈まず、エサを突き上げてしまってウキが馴染まない。

そんな状態だから、付けえさのオキアミが底まで届かない。

そんな中、くわせ団子にエサを替えて見る。

すると、魚の反応がなくなってしまう。

しばらく、くわせ団子で釣り続けるが駄目。

エサをオキアミに戻し、数投目。

仕掛けを狙っていたポイントより、10m先に入れコマセは足元と、狙っていたポイントの2ヶ所に入れ、ウキにはコマセを被せない。

その時、風、波が共にちょうど止まった。

ウキの動きがよくわかる。

すると、すーっとウキが2目盛ほど入りもぞもぞと怪しい動きを見せた。

程なくして、ウキが斜めに一気に消しこむ。

すかさず、合わせを入れる。

ゴン、ゴン、

首を振っている。

かなりの重量感で、多分40cmOVERのクロダイだ。

1度目、2度目の突っ込みを竿で溜め、もう一度がっちり針がかりさせようと竿を煽って、リールを巻き始めようとしたその瞬間。

すぅーーーーー、すかっ。

手応えが軽くなった。

ツ、ツ、ツ、痛恨のバラシ(針外れ)である。

その後、付けえさ・タナを変えたり、ポイントをずらしてみたりもしたがNo HIT。

結局、この日は周りの釣り人もクロダイは上がっていなかったようだ。


(釣果)

フグ 2匹(30cm)、ヒイラギ 多数、サッパ 数匹。

サッパは仕掛け回収の際に、上層で何匹か掛かったとのことです。



DVC00059
DVC00058


当日、アベッチが使用した竿とリール。

シマノ:鱗海エランサ1,2-530、シマノ:BBXハイパーフォースMg2500DHG

予備はシマノ:鱗海エランサ1,0-530、ダイワ:インパルトα2500LBD 


さらに、「今日、ホントはクロダイ釣れたよ、今、その刺身食っているよ、うまい」、といってこんな写真も送ってきやがった


DVC00078


本の表紙のクロダイを写真に撮って、「今日、釣れたよ」、と送ってくる釣友

今回も、間違いなく偽りです。

そして、しばらく写真を眺め、こいつ(写真)の正体を見破った

船形の地面は、こんな風にはなっていません。

船形では無いということは、さらにはこの地面はというと・・・。

ずばり、いつも行く館山のポイントです。

問い詰めると白状した。

この写真は、昨年の1月にアベッチが館山で釣り上げた1枚(43cm)でした






ちーやんtikara_yuzan at 16:14│コメント(0)トラックバック(0)釣行記 | 釣り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字