2012年01月12日



書き忘れてしまったんですが、実は昨年の暮れ、竿の穂先を少し改造しました。


今、メインロッドに使っているダイワの銀狼王牙0,6‐530の竿先(2番ガイドの辺り)がささくれ立ち、これで2回目(1回目は、竿先破損もあったので交換)だったので、思い切って全然違う竿の穂先を入れてみることにしました。


ずばり、メーカーも違いますがシマノの鱗海RB1,0‐530(8,800円)の穂先に。


なぜ、これにしたかと言えば、シマノ新作のTAFTEC‐αの穂先を試したかったからです。


また、鱗海RBの0,6にしなかった訳は、ダイワとシマノのホームページを見て、ガイドのバランス的にRBの0,6よりも1,0の方が王牙の0,6に近かったからです。



さて、穂先交換にするにあたって一つ問題が発生。


RBの穂先を王牙の竿に通したら、2番節に引っかからないでスポンと抜けてしまったのである。


そう、1番節の根元(RDの)が、2番節の先の穴(王牙の)より細かったのである。


いやな汗が、頭の後ろを流れる。


しばらく思考して、1番節の根元にビニールのテープを巻いて、改めて王牙に穂先を入れてみる。


しかし、今度は、根元が太くなりすぎてしまったようで、1番節と2番節の間に隙間ができて、グラグラとしてしまい竿全体のバランスがすこぶる悪くなってしまった。


さらに考える。


ガムテープを巻いて見た。


だが、これもビニールテープ同じで隙間が開いてしまった。


さらに薄い物ということで、最終的にはセロテープを使用。


薄さは丁度よさそうだ。


ガイド合わせの印が、ピンポイントになるように、何回もセロテープの巻く長さを調整した。


そして最後、セロテープだけじゃ心許ないのでテープを張る所に、薄く瞬間接着剤を塗ってからテープを貼りました。


そして、RBの穂先は白い(王牙は黒)ので油性ペンの黒で塗って見ました。


こちら、



DVC00049



こないだの釣行で塗った黒色は少し禿げてしまった。



さらに、王牙の穂先(メガTOP)は裂けているところを接着剤で付け、さらにはやすりで削り、シマノHORIDAYの1,5‐530へ移植してみました。


こちらは、だいぶ太さが違ったのでビニールテープ使用。


王牙と同じように何度も、バランスが合うように調整して無事完成。


こちらの竿は今後、泳がせ釣り(ヒラメ・マゴチ狙い)をメインに使用していこうと思っています。



DVC00053



左、HORYDAYの穂先。

右、メガトップ


さて、参考にですがTOPガイドの外し方です。


ライターの小火で、TOPガイドの輪の部分~竿先を覆っている部分を軽くあぶりガイド全体に熱を伝える。
(この時、ゼッタイに竿の穂先本体には火を近づけない)


そして、右利きの場合、左手で一番節を軽く持って、右手でラジオペンチ等の道具を使ってゆっくりと引くと簡単に外れます。
(王牙の場合は、ライターを少し当てただけで、スポンと外れました)


DVC00052



さて、銀狼王牙の方は先日の釣行で初試しをしてきました。


仕掛け送り、ラインコントロールも問題ありませんでした。

また、魚がかかった時も特に違和感はなく、30cmのクロダイもタモを使わずに楽々抜き上げられましたので上出来だと思います。


折れたりはしないと思いますが、巨ボラをかけたときに、どうなるかが今後の楽しみです。


しかし、ボラが釣れないなーーー!?


1年以上釣れていない。



ちーやんtikara_yuzan at 19:51│コメント(0)トラックバック(0)釣り │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字