2012年01月07日



(日付) 

1月4日(水)


(同行者) 

なし


(場所) 

館山、富浦新港 


(釣法) 

ウキふかせ


(道具)

竿:銀狼王牙0,6-530 

リール:銀狼

道糸:TORAY銀鱗スーパーストロングNEO 1,75号 

ハリス:ディーフロンα 1,5号

針:オキアミチヌ、底攻めチヌ 2号

ウキ:遠矢ウキ400SP・5B、超遠投小6B、300s大


(こませ) 

チヌパワー(お徳用)、チヌパワー日本海、チヌパワーMP、ムギコーン、おから団子、オキアミ3kg

(えさ) 

オキアミ、ハードオキアミ、ネリックス

(釣行記)

保田港から移動してきて、館山着(いつもの護岸)は1時半過ぎ。


まず、車から出てアミコマセとバッカンをポイントに置いて辺りの様子を伺ってみる。


こちらは、外海に面しているため内房よりも波、風が強かった。


明け方からの予定なんでビールを1本飲んで仮眠タイム。


しばらく寝ていると、突然車が激しく揺れだした。


地震!!!と思って、飛び起きる。


すると、一瞬で揺れはおさまった。


一服しようとタバコに火を着けると、「ビューー」、という音と共にまた車が激しく揺れだした。


そう、この揺れの原因は外の風。


かなり強い風が吹き始めたようだ。


その後も、何度か車が揺れて、なかなか寝れないなーと思っていたがいつの間にかに爆睡。


目が覚めた時は、外が薄ら明るくなっていた。


時計を見ると6時半。


少し寝坊してしまったようだ。


すでに、10名程度の釣り人(全てルアーマン)が釣りしている。


急いで車を降りて、海の様子を見てみる。


沖のほうでは白波が立っていて、手前はうねっていて、風もかなり強くコンディションはあまりよろしくない。


天候の事は仕方がないので、とりあえず、コマセ&仕掛けを準備。


このポイントは水深が浅い(満潮で3,5m)。


しかし、今回は、流れも速そうなので重めの設定に。


ウキは、遠矢ウキの400SP ‐5B。


ガン玉は4B×2、Bをベースにして、小さいガン玉で微調整して、トップを3分の1ほど出るようにする。


タナは、ウキ下4m程。


ハリスは底に這わせる。


さて、釣りスタート、仕掛けを投入(7時)


ウキがすごい勢いで、流される、流される。


コマセ投入。


コマセが一箇所に定まらない、定まらない。


仕掛けを回収しようとしても、風で流されて掴むのに大苦戦。


そんな中、釣り続けるが付けえさは取られない。


さらには、ウキがロール&シモッテしまってアタリがあってもわからなそうだ。


そんなこんなしていると、周りの釣り人がどんどんと撤収していく。


遂には、隣りの人もいなくなってしまい、釣り場にはわたし一人となってしまった。


エサ取りの気配も感じられないので、私も場所移動&朝食タイム(8時半)


今度のポイントは、某有名堤防の向かい側の岸壁(9時半)


こちらは、風は強いが波は最初のポイントよりは高くない。


ここで竿を出すのは初めてなので、色々と水深を測ってみる。


手前、10m。


竿1本先、9m。


2本先、10m。


その先、風で届かない。


かなり、深い。


なので、ウキを超遠投小‐6Bに替え、ガン玉も4B×3、2を付け、さらに重めの仕掛けに変更してみる。


とりあえず、竿1本先にコマセを撒いて仕掛けを送り込む。


しばらく、仕掛けを打ち返すが反応なし。


こちらでも付けエサが、全く取られず魚の活性が低いのかなと思っていた矢先、ウキのトップが少し2目盛ほど入り止った(10時)


一呼吸、置いて合わせを入れる。


よっしっあー、本日初めての魚の感覚。


しかーし、リールを巻いてみるとほとんど抵抗しない。


ただ、重みがあるだけ。


ゴンズイかなと思って、水面に上がってきた魚を見てビックリ!?



DVC00076


  ヒラメ(20cm程) 



大きくはないですが初めて、ヒラメを釣り上げました。


こちらの魚は、まだまだ子供なのでリリース。


少し気持ちが上がって釣り再開。


しかし、単発だったのかその後は続かない。


また、付けえさも取られない。


そして、しばらく仕掛けを打ち返し、一服しようと、ごくごく手前に仕掛けを落としコマセを巻いて、竿掛けに竿を置こうとしたその時、ウキが斜めに一気に消しこんだ(11時過ぎ)


合わせを入れ、反応を見る。


手応えは、先程の魚よりいいーーー!!!


ただ、ウキの消しこみ方からしてボラかなと思って、やり取りを楽しむ。


上がってきたのは・・・。


な、な、なんと、



DVC00075



今年初、本命のクロダイ(30cm)でしたーーー!!


よっしゃーーー。


気合は絶好調。


2匹目をと素早く仕掛けを投入。


が、その後1時間、また魚の気配が全くなくなって、またしても付けえさが取られない時間となってしまった。


潮も下がり始め、この感じだと、ここも厳しいかなと思い最後の場所移動することに(13時)


つづく



ちーやんtikara_yuzan at 00:27│コメント(0)トラックバック(0)釣行記 | 釣り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字