2011年09月22日




この日は、朝4時に起床(車中にて)



外は薄ら明るい。



今回はエサ取りに悩まされると予想していた為、久々に団子釣りで釣ることに。



団子を打ち返すこと数投目、ウキがスパッと消しこむ。



上がってきたのは・・・。



15cm程のキュウセン。



その後は、木っ端メジナやイワシの群れが団子を突付き団子が底までもたず大苦戦。



8c6cc617.jpg



アベッチの方は浮きフカセで粘るも、やはりエサ取りに手こずり同じような釣果である。



団子に水を入れ硬めにして、投入を繰り返す。



しばらくすると、ウキが一目盛ほど入り止まる本命らしきアタリ。



すかさず合わせを入れるとなかなかの手応え。



水面で魚影がキラリ。



35cmほどのチヌだ。



よっしゃーとリールを巻くと、急に手応えがなくなった。



ま、ま、さ、かの針外れだった。



その後急いで、団子を投入するもチヌの気配はなくなってしまった(7時半)



それにしても、この日は暑かった。



朝の8時で30度を超えてんじゃないかと思うほどの日差し&照り返し。



さてさて、また団子を打ち返していると今度はこんなゲストがお出迎え(9時)



4d847daf.jpg

eb40230b.jpg




アイゴちゃんでした



引きはなかなか、強いので楽しめるんだが・・・。



アベッチのほうにも、アイゴの群れが来てなかなか居なくなってくれない。



その後2人で、25cm~35cmくらいのアイゴを20匹以上釣り上げた。



さらには、ぼらが寄ってきてしまってまたまた団子が持たない。



何回かボラのアタリがあり無視していると、浮きが消しこみHIT(11時)



実はここの釣り場、5メートル先まで捨石や根があって潮位が低いと大きな魚を取り込むのがかなりきつい。



強引に魚を浮かせないと、根ずれでラインブレイクか根掛かりしてしまう。



さて、竿に伝わってくる感じは明らかにボラの手応。



一発目の右への突っ込みをなんとかかわし、2発目に備える。



が、下に潜られラインが根にかかってしまった。



その後も、2度ほどボラがHITしたが根が掛かってしまっため、この低い潮位じゃ厳しいことから昼飯休憩&お昼寝タイム(12時~13時半)



休憩後、団子がなくなったのでウキフカセにして、釣り始めると今度は25CM程のメジナが入れ食い(14時)



そうこうしていると、アベッチになにやらHIT.



37aef8b1.jpg




おーー、



35cmにぐらいのマゴチだった。



ボケジャコエサに食ってきたとのこと。



その後は、エソ、アナハゼ、イワシ、ゴンズイ、メジナ等、色々釣れましたが本命とのご対面は叶いませんでした。



18時納竿。




(釣果)

ゴンズイ、ヒイラギ、ヘダイ、キュウセン、ネンブツダイ、クロイシモチ、オオスジイシモチ、アナハゼ、エソ、メジナ、アイゴ、トウゴロウイワシ、メバル、マゴチ 












 



























ちーやんtikara_yuzan at 00:30│コメント(0)トラックバック(0)釣行記 | 釣り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字