2011年09月21日


(日付)

9月13日(火)~14日(水)


(同行者)

あべっち


(場所) 

富浦新港~館山


(釣法) 

団子釣り・ウキフカセ


(道具) 

竿:銀狼王牙0.6 

リール:銀狼

道糸:アストロン磯1.75号 

ハリス:ジョイナー・ボスメント 1.5号

針:オキアミチヌ1・2号

ウキ:遠矢ウキ400-SP、TD-中90


(コマセ) 

名人ブレンド団子、チヌパワームギ、おから団子、ムギコーン、オキアミ


(エサ) 

生オキアミ、ハードオキアミ、ネリックス


(釣行記)



釣友のアベッチが、夏休み?で一週間の休みとなったので、オイラもそれに合わせての平日釣行。



この日は、大潮のため朝一と夕方に満潮を迎えることから3回のチャンスタイムを逃さないように、13日の14時東京出発。



途中、釣具屋により富浦新港には17時着。



潮も大分満ちていて、良い感じに映る。



釣り人は堤防に4~5名ほど。



さすが平日、6月に来た時は30人以上は居たのに。



早速、遠矢ウキ400SP-3Bに、4B、3B、1のガン玉を付けウキのトップが3目盛ほど出るようにして、ウキフカセの釣法で釣り始める。



コマセは2人共用で、チヌパワームギ、おから団子半袋、オキアミ1,5キロ。



しばらく、コマセを撒いているとアベッチ&オイラに同時HIT。



どちらも、手応えは小さい。




cf84ff8d.jpg

 ゴンズイ&ヒイラギ  



その後は、こんなゲスト。




84cd5a6b.jpg

 ヘダイ 



その後も、ゴンズイ・ヒイラギと連発でかかりクロダイの気配はない。



日没後、1時間程電気ウキにかえて粘るも、ネンブツダイの猛攻に遭い納竿。



先に帰った方に釣果を聞くと、25cmまでのカイズが10枚ほどとのこと。



この時期は、ここではあまり大きいのは上がらないとのことなので場所移動。



途中ラーメン屋で腹ごしらえをして、館山の護岸で釣再スタート(21時)。



エサを赤イソメに変えて釣り始めるもアタリなし。



しばらくして、電気ウキがすうっと入り合わせを入れるも手応えはあまりよろしくない。



案の定上がってきたのは、10cmにも満たないメバル。



その後も、ネンブツダイや、オオスジイシモチ、クロイシモチなどの10cm程度の外道ばかり(23時)。



コマセもなくなり、干潮の潮止まりとなったため仮眠タイム(24時)



つづく

















ちーやんtikara_yuzan at 21:00│コメント(0)トラックバック(0)釣行記 | 釣り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字