2011年02月27日

 こんばんは

 今月は丸一日休める日が3日しかなく、その前の2日とも釣りに行ってしまったため、今日は嫁さんとチビを連れ袋田の滝と八溝山へ行ってきました。
ちびにとっては初の遠出で、とても、暖かく気持ちの良い1日でした。
ホント、毎年東京マラソンの時は都心から離れているな~


東京(10時)-友部SA-那珂IC(11時30分)-袋田の滝(12時30分~14時)-八溝山(15時30分~16時)-矢板IC(18時)-上河内SA-東京(20時) 走行距離376km 


 首都高から常磐道に入り、友部SAで休憩、ブリトードッグ(260円)を購入。
サクサクしていてなかなか美味
休憩後、那珂IC(茨城県)で高速を降り、袋田方面へ。
 渋滞もなくスムーズに昼ごろ袋田の滝近くの駐車場(500円)に到着。
ここから滝までは700mと書いてありました。
てくてくとお土産店街を歩き、入場券売り場近くのお店で昼食タイム

BlogPaint

おいしそ~ 豪・華 だな

私はうなぎ定食(1,500円)、嫁さんはお勧めの滝見定食(1,500円)を注文。
刺身こんにゃくや、山菜類はとてもおいしかったのですが、私のうなぎには・・・がっくし
たぶん真空パックでしょう(この値段なら仕方ないか~
嫁さんのごはんはきのこごはん。


(袋田の滝)
久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。
滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。
袋田の滝観瀑台案内図 観瀑台

BlogPaint

第3観瀑台 滝上部

昼食後、入場料(大人300円)を払い滝を見学。
トンネルに入り200mほど歩き右手に第一観瀑台。
左手にエレベーター。
私はここに来るのは3回目でしたが、新しくできた第2,3観瀑台は初めてでした。

BlogPaint

第1観瀑台 滝下部

ただ、滝を見るポイントは昔からある第1観瀑台がベストだと思います。
間近に迫る滝は、とてもダイナミックです。
ちびは水しぶきが顔に当るのか、滝の方へ向けても目をとじて、全く見ようとはしませんでした

帰りはトンネル途中の釣り橋を渡り、行きとは違う道(周回コース)で駐車場まで戻りました。


(余談)

日本三名瀑、那智の滝(和歌山県)、華厳の滝(栃木県)、袋田の滝(栃木県)。

昨年の秋、那智の滝へ行き私が制覇、嫁さんは今日で達成。
チビは袋田の滝のみ、那智の滝は嫁さんのおなかの中でした。


明日、続き(八溝山)書きま~す。






ちーやんtikara_yuzan at 22:33│コメント(0)トラックバック(0)旅行 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字